夜行バスで足の臭い人の近くの席に…

夜行バスで足の臭い人の近くの席に…
他人の足の臭いが気になった事は、過去にも何度かありましたが、あれほど苦痛だったのは初めてでした。
あれは夏休みの出来事でした。私は帰省するために交通費を浮かそうと、夜行バスを選択したのでした。いわゆるツアーバスではなく、鉄道会社が運行しているバスだったので、安全面は大丈夫だろうと思い申し込んだのです。
おかげで新幹線や飛行機よりも随分と安くあげられたのを覚えています。
でも、夜行バスに乗ってから数時間後に、後悔することになりました。すべての乗客が揃い、みなさんリラックスして、そろそろリクライニングを倒して寝支度を…という気になった時、前の席からモワ?ンと悪臭が漂ってきました。
ふと見ると前の席の人が革靴を脱いでスリッパに履き替えています。
湿ったような何とも言えない吐き気を催す香りが車内に充満し始めました。
近くの席の人たちも気がついたようで、チラチラ見たり咳払いをする人もいました。
そうする内に、臭いの元の男性は何やら気がついたようで、革靴に再び足を入れました。
すると激しかった悪臭が和らぎ始めたのです。
「そうか…臭いを封印したのか」と私は一人納得しながらも、寝てしまえば臭いを気にしなくなるだろうと、まだ消灯していない明るい車内で眠ろうと必死になっていました。
今まで、更衣室や下駄箱などで、足の匂いが気になる人がいたり、自分自身も長く歩いた後などに気になることもありましたが、それはその場を離れることができたり消臭スプレーを使っても大丈夫な開放的な空間でした。
ですが、夜行バスは休憩箇所以外では途中で降りることのできない密閉された空間。窓を開けることもできません。
足の臭いの元の男性は、それから何度か革靴を脱ごうと試みていましたが、足が少しでも靴から引き抜かれると強烈な匂いが周りに広がるため、再び咳払いや周りの視線が降り注がれることにいたたまれなくなってか、またストンと靴に足をおさめるのでした。
結局、その男性は、消灯前のサービスエリアでの休憩で、足と靴に消臭スプレーをふりかけたのか、きついミント系の臭いとなって帰ってきました。
それでも時間とともに足の臭いは復活してきましたが、我慢できなくなる前に目的地に着くことができました。結局、ほとんど眠ることはできませんでした。
密室で、靴を脱ぐ必要のあるときには、あらかじめ消臭スプレーをふってから行ったほうがいいな…と人のふり見て我がふり直せ…な体験でした。
あれが自分の足の臭いに無自覚な人だったらと思うとぞっとします。
あれ以来、自分も臭うかもしれないという心構えの元、脇汗用の制汗スプレーと足用の消臭スプレーは欠かさないようにしています。
根本から足の臭いを解消し、日常の不安を少なくしたいです。

ムダ毛が濃くて悩んでいました

最近は脱毛エステへ行くようになったので、ムダ毛の濃さを強く気にすることは減りました。

もともとはムダ毛がとても濃い体質でしたが、脱毛を続けるうちに次第に毛の量が減ってきたり、毛の密度がかなり低下してきました。

中学生や高校生の頃はムダ毛処理を毎日のようにずっと繰り返し続けていたのですが、脱毛と違ってカミソリでのお手入れだったので、丁寧に時間を割いて一生懸命ムダ毛をお手入れしても一時しのぎにしかならず、しょっちゅう風呂場で必死になりながらムダ毛をお手入れし続けてきました。

ただ、ずっと毛を剃り続けていても脱毛とは違い、無駄毛が薄くなるどころか濃くなるばかりだったり、肌がガサガサして荒れたり乾燥してしまうことが増えてしまったりと、肌の状態は最悪でした。

脱毛をするようにしてから、無駄毛が濃いというコンプレックスもなくなったり、肌に大きなダメージが加わる自己処理を行う回数や頻度も減ったので、次第と肌のキメが細かくなってきたり、毛穴が小さくなってきたので良かったです。

ムダ毛がどれだけ濃い人であっても、脱毛をすれば必ず肌は綺麗になるので、毛深い人ほど脱毛をするというのはおすすめです。

一つの毛穴から数本くらいムダ毛が生えていたり、ムダ毛が生えている範囲もとても広かった私ですが、脱毛を始めて一年も経てば、産毛くらいのムダ毛しか肌から生えてこなくなったり、見違えるほどムダ毛が薄くなりました。

ムダ毛が濃い悩みがなくなると、オシャレの選択肢も広まりますし、自分の肌に自信が持てると実感しました。

私の言葉が友達を傷つけていたらしくて罪悪感

私の友達は脱毛をしました。そして前より明るくなりました。脱毛って人の性格にもいい影響を与えるんだなと思っていたけど、友達に「あなたのおかげで脱毛できた」と言われたときは正直頭の中は「?」だらけでした。意味が分からなかったのです。

でも良く良く話を聞いたら、友達が脱毛を考えたのは私の言葉が原因だったそうです。私はちょっと覚えていないんだけど、友達のムダ毛の剃り残しを見て、「意外と立派だよね」と言ったらしいのです。私はその記憶がスポッと抜け落ちていて覚えていないだけど、友達はこれに傷ついてムダ毛を脱毛したいと思うようになったらしいのです。

友達が暗くなったのもどうやらその頃みたいで、私のせいで友達が悲しい思いをしていたということを後から聞かされました。ほんの些細な気持ちで言った言葉だったと思うのだけど、友達の話を聞いたら自分の言ったことに嫌悪感と罪悪感を感じました。人って口にした小さな言葉で人を傷つけてしまうのです。言われた方が傷つくけど、言った方は大したことないと思って、すぐに忘れます。このことを聞いたときはすごく落ち込みました。友達は「脱毛をするいい機会になったから気にしてないよ」というのですけど、やっぱり罪悪感です。口には気を付けようと思いました。

そういえばいつからか友達は急にムダ毛を気にし始めたなと思いました。それは全部私の悪意のない言葉が原因だったのです。悪意が無くても人を傷つけたのだとしたら、申し訳なかったなと反省します。

母くらいの年齢になるとムダ毛が薄くなる?

母から摩訶不思議情報を聞き出しました。なんでも母は若い頃ムダ毛が多かったのに年を取ってから段々ムダ毛が減っていたらしいです。「そんなアホな」って感じですよね。でも実際にそうだったらしいです。

母は若い頃は今の私くらいムダ毛が合ったと言います。それが嫌で一度は脱毛も考えたみたいです。でも費用もかかるし、何よりも痛いという噂があり、脱毛をするのを諦めてしまったと言います。今の脱毛は痛みをなるべく抑えた脱毛ができますが、昔の脱毛は痛かったみたいですからね。そして諦めて以来、母は脱毛を一切していません。それなのにムダ毛が薄くなったのです。

初めはそんなわけないと思っていたけど、ネットで検索したらそう言う人もちらほらいるのを知りました。それを知ってちょっとだけ期待感を持っているのです。私もムダ毛が多い方ですが脱毛はしたくありません。本当にめんどくさがりで通うのが面倒くさいのです。交通費も馬鹿にならないし、あまり行きたくないなと思っています。そんな私には加齢と共にムダ毛が薄くなって行く可能性があると言う事実があるとしたらすごく嬉しいです。

母の年齢でムダ毛が減ってもちょっと遅いけど、ムダ毛が濃いよりも薄くなってくれた方が絶対にいいです。脱毛をする気がない私としてはそのことを信じて、ムダ毛が自然と薄くなるのを待とうと思います。摩訶不思議情報だけど、母に似て私もそうなればいいなと期待を抱いています。