私の言葉が友達を傷つけていたらしくて罪悪感

私の友達は脱毛をしました。そして前より明るくなりました。脱毛って人の性格にもいい影響を与えるんだなと思っていたけど、友達に「あなたのおかげで脱毛できた」と言われたときは正直頭の中は「?」だらけでした。意味が分からなかったのです。

でも良く良く話を聞いたら、友達が脱毛を考えたのは私の言葉が原因だったそうです。私はちょっと覚えていないんだけど、友達のムダ毛の剃り残しを見て、「意外と立派だよね」と言ったらしいのです。私はその記憶がスポッと抜け落ちていて覚えていないだけど、友達はこれに傷ついてムダ毛を脱毛したいと思うようになったらしいのです。

友達が暗くなったのもどうやらその頃みたいで、私のせいで友達が悲しい思いをしていたということを後から聞かされました。ほんの些細な気持ちで言った言葉だったと思うのだけど、友達の話を聞いたら自分の言ったことに嫌悪感と罪悪感を感じました。人って口にした小さな言葉で人を傷つけてしまうのです。言われた方が傷つくけど、言った方は大したことないと思って、すぐに忘れます。このことを聞いたときはすごく落ち込みました。友達は「脱毛をするいい機会になったから気にしてないよ」というのですけど、やっぱり罪悪感です。口には気を付けようと思いました。

そういえばいつからか友達は急にムダ毛を気にし始めたなと思いました。それは全部私の悪意のない言葉が原因だったのです。悪意が無くても人を傷つけたのだとしたら、申し訳なかったなと反省します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>